sweet sweet Café

~札幌駅・大通りのスイーツ報告ブログ♪カフェの口コミ

01-<< 02-/12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018-02-

スプリングシーズンブレンドとスリムボトル400ml~スターバックス



スプリングシーズンブレンド、100g、626円

スターバックスで春の限定ブレンドが出たので買いました♪
本当はパッケージに魅かれたのですが…
250gも飲み切れるか分からなかったので、100gに。
貼ってくれたシールもピンク色ですが、250gパッケージの桜にはかなわないな~

4種類のコーヒー豆をブレンドしたということで、
毎年、この時期に出しているスパイシーでフルーティな系統のコーヒーだろうと予想はしていたのですが、
買う時に試飲を頂きました。
確かに飲んだ瞬間はスパイシーですが、
マイルドブレンド系の重みもある口当たり。
最後に口に残る後味も若干スパイシーですが、飲みやすいブレンドでした♪

私はあまりフルーティーなコーヒーは得意ではありませんが、
自宅でフードに合わせて頂くと、殆ど気にならない飲みやすさでした。
パッケージ目当てで250g買ってもなんとか飲み切れたかも(笑)
いやいや、コーヒーのパッケージは買った時しか見ないから、我慢我慢!


180217_02.jpg

右、SAKURA2018スリムハンディーステンレスボトルフラワーシャワー400ml
税込、4644円、ドリンクチケット付き

左は昨年スタバで買った、350mlのボトルです。
また、写真だと分かりにくいですが、400mlのボトルは地色は薄ーいオフホワイト。
真っ白ではありません。あ、絵柄も、もっと赤が目立ちます。

どちらもサーモス製です。ボトルの底にサーモスのシールが貼ってあります。
スタバの温冷タンブラーが全てサーモスというわけでもなく、特に目立つ表示もありません。
サーモスは持ってみると軽いです!
400ml~500mlだと200g、350mlボトルだと170gの超軽量。
また、保温効果も高いです。

サーモスのボトルなら、無地でよければスーパーでも売ってはいます。
2500円~3000円ほど。
私の場合、食器が大好きで、気に入っていれば何年たっても使うたびにニヤニヤしているくらいなので、この差額は無駄ではないなーと感じるようになりました。食器だけでテンションが上がるお得人間です!

それと、スタバの場合はボトルを買うとドリンクチケットが1枚ついてきます。
日頃からタンブラー等を持参すると、値引き販売してくれるそうですが、(これはスタバで買ったボトル以外でもOK。20円引き?)
ボトル購入時にもらうチケットは、スタバで買ったボトルを持って行くことで使えます。
スタバのボトルなら以前買ったモノを持って行ってもOK。
クローバーのコーヒーには使えないかもしれませんが、それ以外はカスタマイズやトッピングでも頼めるそーです。
というわけで、まー実質4000円程度と考えると、アフタヌーンティーで売っているサーモスのボトルとそれほど変わらないのかな?あっちも可愛い(^^)


さて、私はサーモス愛用者ですが、数年前に飲み口のついた直飲みタイプを買ってから、これで3つ目です。
違いがやっと分かってきました(笑)

まず、スリムタイプと、スリムじゃない普通のタイプがあります。
スリムタイプの方が容量の割には背が高いです。
スリムじゃない方が背丈はコンパクトで置いた時の安定感もあり、
飲み口も少し広いため、飲みやすい形状になっています。
どちらも保温効果自体は同じで、
細身の方が便利という場合以外は、普通タイプの方が扱いやすく使いやすいです。

ところがですね~
実際に使ってみるとちょっと違う。
サーモスの保温効果はものすごく高いですが、1番効果が出るのは熱湯を満タンにして持って歩く場合。
この場合は、朝入れても、昼まで高温のまま熱々です。

ただ、直飲みタイプのボトルだと熱湯のままだと飲めません(笑)
私もお茶を入れた後に10分程度置いて温度を下げてから詰めています。

また、中身が減った状態では保温効果も半減。
途中まで飲んで中身が減ると、温度が下がるスピードも上がります。
これが普通タイプだとスリムタイプに比べて早く温度が下がるように感じていました。
蓋の部分が若干広口になったり、中のお湯が空気に触れる面積も広めになるので、放熱効果が上がってしまうのかな?なんて。

久しぶりにスリムタイプを使ってみて~
飲み口の形にも原因があると気付きました。
普通タイプだと少しずつ口に入ってきやすく、その間に温度も下がるようです。
一方でスリムタイプは飲み物がガバッと口に入りやすいので、いつものように10分放置後にお茶を詰めたら熱すぎて飲めませんでした~。そうそう、スリムタイプを使っていた時は、15分放置してから詰めてたんでした!

購入後にさっそく、半分くらいしか入ってない状態で数時間持って歩きましたが、やっぱりスリムタイプの方があまり温度が下がらない印象です。
実際に温度計で計ったわけではないので、体感での違いですが、不思議です(^^)


というわけで、形と容量や使い勝手で、
その時の自分に合わせたボトルチョイスが1番です!
香りの強い飲み物を入れる場合は飲み口周辺の部分に香りが残ってしまうので、ドリンクごとに使い分けたり~

私の場合は春に温かいお茶を少し持って歩く目的で買ったのが最初です。
春は思ったより寒すぎたり、逆に汗をかいたりで、温かい飲み物あると便利~
今年はこまめに飲み物を一口飲むと風邪予防になると聞いて、冬もお茶を少量持って歩くのに使ってました♪
また、昨年の夏には麦茶に氷を入れて持って歩くこともあり、この場合は今まで使っていた300~350mlのボトルでは少ないので、400~500を買おうかなーと春の桜柄の販売を待っていました(^^)
今年も夏も頻繁に使うようなら、改めて500mlを探すかもしれません。
500を持って歩く時はリュックとセットかなー。重くなりそう。

スリム400mlが想像していたより邪魔にならないのと、お湯の温度も下がりにくいので、こっちを通年使い出すかも(笑)

追記:やっぱり背丈が高いと邪魔な時があります。
絵柄の気分や持って行く量によって、カバンによって使い分け中。

関連記事
2018.03.20. チョコレートワッフル、パプアニューギニアコーヒー(スターバックス)
2017.09.20. オータムブレンド&スターを貯める(スターバックス)
2017.03.10. ディカフェ・ハウスブレンドとステンレスボトル(スターバックス)
2017.02.17. オレンジパイとスリーリージョンブレンド(スターバックス)


にほんブログ村ランキング

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

※以下は広告※