sweet sweet Café

~札幌駅・大通りのスイーツ報告ブログ♪カフェの口コミ

06-<< 07-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-
BLOGTOP » コーヒー豆・紅茶等 » TITLE … 輸入食品店の缶入りトワイニング、オレンジペコ~ジュピター

輸入食品店の缶入りトワイニング、オレンジペコ~ジュピター



トワイニング、セイロンオレンジペコ、200g、947円

大通りのさっぽろ地下街オーロラタウン、輸入食品の店ジュピターで買いました♪

トワイニングと言っても、缶入りの茶葉で、輸入品です。
昨年、偶然ジュピターで買ったトワイニングのティーバッグがおいしくて~
日本向けのトワイニングより輸入缶のトワイニングが、私は好きだったことを思い出しました(笑)

紅茶が切れた昨年末にあわてて購入!
ジュピターではたまにトワイニング缶のセールをやっていますので、セール中だともっとずっと安いと思います。

スーパーで売っている日本向けのトワイニングより茶葉が大きめで香りがしっかりしているのが特徴です!
やっぱこれだわ~
トワイニングのオレンジペコなので、
濃いめに入れたり、長時間浸したりしなければ、
ほどよい味わいのセイロンティーが楽しめます。


学生の頃は輸入食品店でトワイニング缶がセールになっているのを見つけては買い込み、毎日、1日中、自宅での飲み物と言えばポットで入れた紅茶でした♪
当時はダージリンかイングリッシュブレックファストを飲んでました。
200g缶が400円だったの!
今は紅茶はケーキを食べる時しか入れないので、200gも入っている輸入缶を買うと、1年以上たっても使い切れない(汗)
冷凍庫に保管していても、さすがに1年以上経つと香りが減少しちゃうんですよね…
今回は使い切れないのを覚悟で購入しました。

紅茶の本場のように感じるヨーロッパでも、
自宅で入れる時は殆どの人がティーバッグを使うそーです。
日本人もティーバッグ派が大多数。
んじゃ、この輸入缶の需要はどこにあるんだろ?

私の場合、紅茶に限らず、コーヒーでも緑茶でも、入れる作業と香りが好きなので、茶葉から、豆から入れるのが好きです♪


昨年はケーキ率が高かったので、紅茶の消費量も上昇しましたが…
200g缶があまりにも飲み切れないようなら、昨年気に入ったテトラバッグのラージリーフシリーズのティーバッグにしよーかな。
同じく輸入版のオレンジペコのティーバッグも気に入ってはいるのですが、意外と香りが消えやすく、1年もたない印象でした。(賞味期限とは別の話です。)

ティーバックで1番香りが長持ちしたのは、アルミの裏打ちのあるトワイニングのクオリティシリーズでしたが、今はギフト用の詰め合わせしか販売してないみたいなんですよねー。こちら、価格は高めでも1年以上飲み切れなくても香りが楽しめたので、紅茶頻度が低い時期には逆にお得なシリーズでした。

あ!クオリティシリーズの100g缶入りなら売ってるかー。
輸入缶も安い時に買えなかったし、
最近の好みはセイロンなので、ダージリンほど香りを重視しなくてもいいし…

また次回まで悩みます(笑)

関連記事
2017.05.13. ダージリンファーストフラッシュ(ルピシア)
2017.04.10. ピュアセイロン(トワイニング)
2017.02.22. イングリッシュブレックファスト(トワイニング)
2017.01.31. トゥーシーズンズダージリン(トワイニング)


にほんブログ村ランキング

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー - ジャンル:グルメ

※以下は広告※